FC2ブログ
日々是精進(ヒビコレショウジン)
田端俊久代表が主催される賢人塾の"非公式"のブログです。施設紹介、催しの御案内などをお伝えしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
賢人塾を応援して下さる方はランキングにご協力を!

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
清水の出ずる場所
阿蘇は昔から聖地としてみなされていて、欧米では地球という生命体の中に七つのチャクラ(エネルギーが出入りする場所)があると言われています。そして、そのうちの二つがなんと私達の国、日本にあるというのです。

ひとつは霊峰富士、もうひとつは私達が暮らしている霊峰阿蘇なのだそうです。以前読んだ何かの本にこのようなことが書いてありました。

代表は元々熊本出身でいらっしゃいますが阿蘇の出身ではないと聞いております。普通日本人なら日本一の山の富士山を誇りに思うと思いますが、カルデラ火口としては世界一ということで代表は阿蘇を非常に誇りにしておられるようです。

ちなみに現在使用されている阿蘇山の文字は阿蘇の五岳を外輪山まで含めた阿祖山という字で区別されていたようです。阿蘇山(阿祖山)というのは外輪山がひとつの山の裾野であったという説、つまり1万メートル以上の山だったという説があるそうで、そこからきているのではないでしょうか。

また、阿蘇は竜神の里とも言われてるそうです。飛行機で東京から熊本へ入るときに外輪山の内側だけ雲がかかっていて、その場所だけ雨が降っているという場面を何度も目にしました。神が住む島と言われる屋久島と似ているという印象を受けました。

この梅雨の季節は他の地域に比べ阿蘇は大雨が降ります。それも嵐のような、梅雨というよりも台風のような大量の雨と強い風が吹き、嵐のようです。賢人塾でもまた、桜が折れたりクヌギの枝が折れたりしたそうです。

賢人塾内の建物は全て和風作りの建物ですので、長雨が続くと湿度が高くなり畳がかびたり、色々なところにカビが発生します。その手入れで大忙しになる季節でもあります。

賢人塾のある阿蘇市永草周辺では近くにある地名の赤水の名の通り、飲用にはあまり適さない赤く濁った水が湧き出るのが一般的です。しかし、賢人塾の敷地内の水は水温が15度くらいの透明で清らかな湧き水なのです。

この周辺でも賢人塾のあるピンポイントの場所だけが、「清水の沸き出ずるところ」と昔から言われているようで、地元の人の話では献上水としても使用されていたそうです。また、良い水の出る場所を良く知っていますね、良い水が出るのはここだけです、というようなことも言われたことがあるそうです。

不思議と田端代表にご縁のある土地は全て清らかな水が沸いています。「和の國元氣子供村」のある土地、蘇陽峡の土地、開運館のある白川水源、賢人塾。それもきっと自分には分からない何か深い意味があるんでしょう。

さて、水が沸いてくるのは非常にありがたいことだとは思いますが、大雨が阿蘇の山上で降ったりしますと、賢人塾の場所では何日も雨が降っていないのに不思議とお滝場のところから伏流水があふれ出てくるのです。それもご覧のようにすごい水量です。写真でお分かりのように、現在賢人塾のお滝場は水中ポンプ二基をフル回転させて汲み上げても、間に合わない状態になっております。ですから、しばらくの間は滝行が中止となってしまったそうです。


★ポンプで汲み上げて滝のように流れている水の様子
20070707_02.jpg20070707_01.jpg


とにかく現場で見られたら、怖くなるくらいの水量です。それでも子供たちはお滝場で泳いでいいですか、とはしゃぎながら申し出ていました。子供たちにとっては何でもイベントになってしまうのか、やはり発想が違いますね(笑)


★脱衣所まで水に沈んでしまった状態のお滝場の様子
20070707_05.jpg20070707_04.jpg20070707_00.jpg


清らかな水で思い出しましたが、梅雨入り頃、賢人塾でも蛍が沢山観ることができたようです。今回は撮影することができませんでしたが、来年は写真を撮ってみなさんにもご覧になっていただけるようにしようと思います。

ところで、このブログをご覧になっているみなさんは既に滝行はされたことがあるでしょうか?賢人塾で体験された方ならご存知の通り、体の中のもやもやしたものが一気に吹き飛び、とてもスッキリとした心持ちになれます。最近は滝行をする機会があまりありませんので、お滝場の水が引いたら自分も久々に賢人塾で滝行がしたいなあ、と撮影をしながら思いました。
スポンサーサイト
賢人塾を応援して下さる方はランキングにご協力を!

【2007/07/07 01:39】 日々の出来事 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<寄宿舎建設中 | ホーム | 久々の賢人塾>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kenjinjuku.blog76.fc2.com/tb.php/36-5f709a8d
| ホーム |
メールはこちら

お名前(必須):
メールアドレス(必須):
件名:
本文:

最新記事
プロフィール

山岸孝広

名前:山岸孝広
2005年11月に友人の縁で熊本の阿蘇にある賢人塾にやって来ました。当時アトピーが薬でも抑えきれないほど悪化していたのですが、田端俊久代表の勧めで穀菜食(マクロビオティック)と温泉で治療することになり、こちらにお世話になることになりました。現在では全く薬を使わずに生活できるようになりました。ちなみに現在は賢人塾を一旦卒業し、白川水源の開運館で仕事をしております。(2008年11月に太宰府へ移転しました)

そして、最初はその治療目的だったのが、田端代表の掲げる理念に共鳴し、2006年末までは賢人塾内で勉強や、給仕、食事、草取り、掃除、お客様の対応等のお手伝いをさせて頂いておりました。最近特に外部の方からの沢山のお問い合わせや見学の申し出があり、毎日その対応に追われているところです。

本来なら公式のHPを作成し情報を公開するべきところではありますが、田端代表のお話では3年後に開塾の予定ということで、開塾前に作成してしまうと開塾していると誤解されてしまい、今以上に大勢の方々が来塾されてもその対応ができないとのことで、開塾にあわせてHPを公開する方針のようです。

しかしながら、沢山の方々が賢人塾の情報を探して検索をして下さっているというのを私の友人達から聞き、その方々に少しでもお役に立てるように賢人塾のことを私流でご紹介したいと思い、非公式ではありますが、私がこのブログを開設することにいたしました。

今後、仕事の合間を縫って建築中の建物の様子や勉強会、見学会の告知、日々の勉強の様子をこのブログでなるべくみなさまにご紹介できるように努力いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

※このブログ上での表現は田端代表から普段の生活の中で御教授いただいた内容を自分なりの理解の上で表現しているものです。ですので、その理解が本当に正しいかどうかは断言できません。どうぞ御了承ください。もし、気になる部分があれば、真意については機会があれば田端代表に直接お聞きいただければと思います。

※現在賢人塾の入口に門を建設しており、外部から入れない状態になりますので見学希望のお問い合わせ等ある場合はこのページの左上にあります、お問い合わせメールフォームからご連絡ください。

※コメント、トラックバック歓迎です。ただし承認制となっておりますので御了承下さい。

2006年11月(2009年9月更新)

※田端俊久代表についての詳しい説明はこちらへ

※mixiに参加しております。
リンクの申請はご自由にどうぞ!
【こちら】

最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー(月別)
08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
リンク集

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。