日々是精進(ヒビコレショウジン)
田端俊久代表が主催される賢人塾の"非公式"のブログです。施設紹介、催しの御案内などをお伝えしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
賢人塾を応援して下さる方はランキングにご協力を!

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
最近の和の國元氣子供村の様子
今回久しぶりに和の國元氣子供村の様子をお伝えしますが、実はこの凍えるような寒さの中、和の國元氣子供村代表幹事である山内さんをはじめ、賢人塾の塾生やボランティアの方々が、少ないときは3,4人、多いときは7,8人で去年から毎日作業をされています。今も春の開村に向けてみんなで目標を決め、代表の指揮の下、急ピッチで作業が進められています。

何しろ、一万二千坪(東京ドームと同じくらいの敷地面積。ちなみに蘇陽峡には七万坪の敷地があります)という広さがありますので、暖かくなってからの作業では全然間に合わないのです。私が以前訪ねた時は、まだ雑木林の状態でしたが、今回見てみて、すっかり手入れされていたので見違えるような場所になっていました。ちょうど現在は、この敷地内の中心的な場所に、写真のような幾つかのログハウスを建設中です。

山の上の方の木々が生えている場所は、落葉樹なので今は葉っぱがない状態ですが、春から夏にかけて鮮やかな緑で彩られます。また、クヌギの木が多いので、夏は昆虫採取のメッカになるでしょう。子供達にとっては最高に好奇心をかきたてられる場所になるでしょう。代表のお考えでは、子供の自由な芽、生命力を摘んでしまうような自然からかけ離れた環境から、思いっきり子供らしく、明るく生き生きとして、素直で朗らかな、子供の天性が育まれていく様な、そういう環境を目指したいとの事でした。

下の段の方には、ヤギや鶏、犬、ポニー、などなど沢山の動物達も一緒に住む予定だそうです。この大自然や動物達から癒されながら、みんなで仲良く共存する中に、子供達の笑い声が聞こえてくる環境なんて、本当に最高だと思います。

代表は、「地球上の鉱物や植物や動物達全てがひとつで、調和を取りながら共存している世界の事実を、何とか子供達にも実感をしてもらいたい。そして、そこで育まれた感性が、戦争のない、そして環境破壊の問題も一切ない、素晴らしい21世紀の世の中を築いていく大人に育っていってもらいたい。」という事をおっしゃっていました。

また、「ここでは、例えば、害虫とか益虫とか雑草とか薬草とか、そういう人間の身勝手な価値判断からものを区別するような概念は持たず、全てが調和して成り立っている、全体でひとつという、自然界の法則、宇宙の真理を親子共々体得していただきたい。全体はひとつ、宇宙はひとつ、個々の存在は全ての存在があって成り立っている。そこには善悪はなく、全てが相互に関係しあいながらそれぞれ意味と役目があり成り立っているという概念を実感していただきたい。」ともおっしゃっていました。

秘境の地と言われる蘇陽峡(U字型渓谷では世界では一番?と聞いたことがありますが…)の七万坪の土地は、人間の身勝手な欲得で植林をしたりダムを造ったり、そのような人間の過ちによる自然破壊の現状を阻止するために代表が十六年前に初めて阿蘇の地で購入された場所であり、人の手が入っていない本当の自然がまだまだ沢山残っている場所だそうです。代表が元気になられたら、みんなでそこに行こうということをおっしゃっていました。

上記のような理由で、これから山を人の手によって開発したり造成したりするような事は一切しないそうです。ただし、和の國元氣子供村のある場所は、既に開墾してあった場所に、後継者がいなくなって田畑が荒れてしまった場所などがありますので、そういった場所はしっかり手入れをして利用していかれるということです。

本来であれば、自然そのままを活かしたいということですが、人の手が一度入ったところは、そのままにしておくと荒れ放題の山になってしまい、自然の状態に戻るには何百年、何千年かかるそうで、現実問題として妥協をせざるを得ないそうです。ですので、間伐や枝打ちをしたりして、なるべく自然に近い環境を作るよう、みんなで考え努力し、私達人間と自然界が調和しながら共生していく環境作りの学び、実践の場として活用していきたいと代表がおっしゃっていました。

ただ、はっきりしていることは、いくら人口で植えられている木や、開墾された田畑であったとしても、そこには目に見えないミクロの世界から、目に見える現実の世界にまで、自然界の神秘や真理を発見することができるはずですし、道路やビルに覆われた都会よりも、はるかに人間性を取り戻せる場所であることには間違いありません。

これから和の國元氣子供村は、決して子供達のためだけではなく、全ての人々にとって心が和み、懐かしさを感じる人類の故郷を目指していかれるそうです。阿蘇が暖かくなる頃には、皆様に直接この場所をご覧になって頂き、それを感じ取って頂けると思いますので、もうしばらくお待ち下さいませ。

IMG_0190.jpgIMG_0191.jpgIMG_0192.jpgIMG_0193.jpgIMG_0194.jpgIMG_0196.jpgIMG_0197.jpgIMG_0198.jpgIMG_0199.jpgIMG_0200.jpgIMG_0201.jpgIMG_0202.jpgIMG_0203.jpgIMG_0207.jpgIMG_0211.jpgIMG_0215.jpgIMG_0229.jpgIMG_0230.jpgIMG_0231.jpgIMG_0234.jpgIMG_0235.jpgIMG_0236.jpgIMG_0237.jpgIMG_0238.jpgIMG_0240.jpgIMG_0241.jpgIMG_0242.jpgIMG_0243.jpgIMG_0244.jpgIMG_0245.jpgIMG_0246.jpgIMG_0247.jpgIMG_0248.jpgIMG_0249.jpgIMG_0250.jpgIMG_0251.jpgIMG_0253.jpgIMG_0254.jpgIMG_0256.jpgIMG_0257.jpgIMG_0258.jpgIMG_0259.jpgIMG_0260.jpgIMG_0261.jpg
スポンサーサイト
賢人塾を応援して下さる方はランキングにご協力を!

【2008/02/22 12:52】 日々の出来事 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<3月6日の講演会に参加される方へ | ホーム | CD・DVD販売について>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kenjinjuku.blog76.fc2.com/tb.php/65-cf0a562b
| ホーム |
メールはこちら

お名前(必須):
メールアドレス(必須):
件名:
本文:

最新記事
プロフィール

山岸孝広

名前:山岸孝広
2005年11月に友人の縁で熊本の阿蘇にある賢人塾にやって来ました。当時アトピーが薬でも抑えきれないほど悪化していたのですが、田端俊久代表の勧めで穀菜食(マクロビオティック)と温泉で治療することになり、こちらにお世話になることになりました。現在では全く薬を使わずに生活できるようになりました。ちなみに現在は賢人塾を一旦卒業し、白川水源の開運館で仕事をしております。(2008年11月に太宰府へ移転しました)

そして、最初はその治療目的だったのが、田端代表の掲げる理念に共鳴し、2006年末までは賢人塾内で勉強や、給仕、食事、草取り、掃除、お客様の対応等のお手伝いをさせて頂いておりました。最近特に外部の方からの沢山のお問い合わせや見学の申し出があり、毎日その対応に追われているところです。

本来なら公式のHPを作成し情報を公開するべきところではありますが、田端代表のお話では3年後に開塾の予定ということで、開塾前に作成してしまうと開塾していると誤解されてしまい、今以上に大勢の方々が来塾されてもその対応ができないとのことで、開塾にあわせてHPを公開する方針のようです。

しかしながら、沢山の方々が賢人塾の情報を探して検索をして下さっているというのを私の友人達から聞き、その方々に少しでもお役に立てるように賢人塾のことを私流でご紹介したいと思い、非公式ではありますが、私がこのブログを開設することにいたしました。

今後、仕事の合間を縫って建築中の建物の様子や勉強会、見学会の告知、日々の勉強の様子をこのブログでなるべくみなさまにご紹介できるように努力いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

※このブログ上での表現は田端代表から普段の生活の中で御教授いただいた内容を自分なりの理解の上で表現しているものです。ですので、その理解が本当に正しいかどうかは断言できません。どうぞ御了承ください。もし、気になる部分があれば、真意については機会があれば田端代表に直接お聞きいただければと思います。

※現在賢人塾の入口に門を建設しており、外部から入れない状態になりますので見学希望のお問い合わせ等ある場合はこのページの左上にあります、お問い合わせメールフォームからご連絡ください。

※コメント、トラックバック歓迎です。ただし承認制となっておりますので御了承下さい。

2006年11月(2009年9月更新)

※田端俊久代表についての詳しい説明はこちらへ

※mixiに参加しております。
リンクの申請はご自由にどうぞ!
【こちら】

最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
リンク集

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。